MOD作成手引き?Part1

Emperor-Dの毎日のレースシムのめりこみ状況をお伝えしたいと思います。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログのトップでアナウンスされているように、現在rFactorでMODを独自に製作中です。
これはFormula SAEの車両のための実験・ドライバーの練習?を行うためのものにする予定です。(主にサスペンション)

そのためにはrFactorのデータの入力方法・自動車工学の知識が最低限必要になります。

rFactorでもGTR2でもファイル名は違えども、基本の構成は一緒なので、
私以外にも、もしかしたら挙動を弄りたいという方がいるかもしれないので少しだけ、
現在の入力している方法を元に解説してみたいと思います。
(データの入力方法に関しては間違ってる部分もあるかもしれません。)

また、これを見れば、パッカーの適正な値の入れ方等々もわかり、
セッティングの助けにもなるやもしれません。

(↑結果的に今回はそこまで行けませんでしたw)
※rFm関係とgdb類は割愛します。

まず、車両の根幹のデータが入っているファイルはrFでは.hdv、R2では.hdcというファイルになります。
rFとR2のファイルは基本メモ帳で開けます。

では、上から順にわかる範囲で挙動に重要であると思われるところを解説します。
なるべく省いていきますw
また、単位は全てSI単位系で入力を行います。
それなりに難しい単語等も出てくるかもしれませんが耐えてくださいなw

最初はMassというデータになります。これは燃料を除いた車両重量になります。
この値にドライバー重量は含まれていますので、車重+ドライバー重量=○○[kg]とします。

次にInertiaです。日本語読みするとたぶんイナーシャかと。
似たものでF1にあるイナーシャダンパーというのは上下動の慣性を速く収束させるさせるというものですが、
ここのInertiaというのは慣性モーメントを意味しています(たぶん
値は左から(?、ピッチ、ヨーとロール)

CGHeightは車体底面からの重心高になります。
なので重心は車高+CGHeightになります。

TireBrandというのはタイヤファイルの選択ができます。
※.tbc or .tyrというところは入力不要です。

そこからFrontWing・RearWing・BODYAERO・DIFFUSERは内容が難しいのと
私自身が完ぺきではないのでまた今度にします。


次にSUSPENSIONの段落に行きます。
まず、PhysicalModelFileというのがありますが、これは.pm or .spファイルという
サスペンションジオメトリファイルの適用部分になります。
この二つのファイルはSusEditerというので開けますが、弄るのは専門知識がいります。
ジオメトリとはアームの角度・長さ・etcですが、これを弄るには検討項目が多く、
説明が長くなるので、要望があれば別途行うこととしますw

CorrectedInnerSuspHeightは要するにダンパーの中心位置をどこにするかというもので、
車高に対して、またホイールのストローク量に対してどこの位置を零点とするか。
というオフセット量を決めるものです。

AdjustSuspRatesはレバー比を適応させるか否かということです。
0と1のどちらかを入れることになりますが、どっちが適応させるになるのかは忘れたので思い出したら書き加えます。

~WheelTrackと~WheelBaseはトレッドとホイールベースです。以上。
.pmか.spが正しく作成されているのであればですが、ここを全て0にするのが良いらしいです。
そうすることで、先ほどの.pmまたは.spファイルのホイールベース等々が正しく使用されることになるからだそうです。

~AntiSway関係はアンチロールバーのことですが、これも計算がめんどくさいのと
ゲーム内での計算方法を完璧に理解しきれてないことから省略します。

~ToeInRangeというのはトー角の設定幅のことです。
値は(最大または最小トーイン角度,セッティング画面上で1クリックごとの調整量,調整幅)になります。

~CasterRangeはキャスター角の調整幅で、値は上とほぼ同様で(最小キャスター角,上に同じ・同じ)です。

これらの下にある~settingというのは初期の値を決定するためのものです。
なので、キャスター角を例として説明すると・・・
CasterRange=(1.0,0.5,10)でCastersetting=5
であれば、初期のキャスター角は1.0+0.5×5=3.5となります。
トー角のほうも同様の計算方法となっています。



かなり長くなってきたので今回は以上です。
また時間があって、覚えてたら続きを書きますね^^
質問・間違いがあれば連絡ください。
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/09(土) 20:40 | | #[ 編集]
Re: イイ!
>やっくんさん
遅くなりました。
いづれはMOD製作や車両の技術に興味のある方々大勢で集まって、技術的なお話しをあ~でもないこ~でもないと言い争えるようになってもらえると幸いですw

>零君
ごめん。返信返すの忘れてた><
とりあえず、私に走り方を教授してください。
「誰でもなれる!宇宙人のなり方!」っていう題でw
2010/06/01(火) 18:05 | URL | Emperor-D #-[ 編集]
イイ!
こうやって解説を残していただけるとすごいためになります。

rFactorやらGTR2のゲームエンジンの日本語解説ページとか作ったら日本のMOD職人増えそうですね><b
2010/05/28(金) 01:14 | URL | やっくん #AGI7I832[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://emperord.blog35.fc2.com/tb.php/99-b08370f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。