Emperor-Dの毎日のレースシムのめりこみ状況をお伝えしたいと思います。

2010/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログのトップでアナウンスされているように、現在rFactorでMODを独自に製作中です。
これはFormula SAEの車両のための実験・ドライバーの練習?を行うためのものにする予定です。(主にサスペンション)

そのためにはrFactorのデータの入力方法・自動車工学の知識が最低限必要になります。

rFactorでもGTR2でもファイル名は違えども、基本の構成は一緒なので、
私以外にも、もしかしたら挙動を弄りたいという方がいるかもしれないので少しだけ、
現在の入力している方法を元に解説してみたいと思います。
(データの入力方法に関しては間違ってる部分もあるかもしれません。)

また、これを見れば、パッカーの適正な値の入れ方等々もわかり、
セッティングの助けにもなるやもしれません。

(↑結果的に今回はそこまで行けませんでしたw)
[MOD作成手引き?Part1]の続きを読む
スポンサーサイト
いつも通り忙しいEmperor-Dです。

書き込んだことは2、3回しかなく、滅多に見ないあるところでたまたま私のブログのURLが目についたんで、更新しますw

内容はGTR2のR35のMODについてです。rFではMODを評価できる人がいるみたいですが、
GTR2ではあまり見かけないので私が評価はできませんが、少し確認をしてみました。

以下が検討内容になります。
[GTR2のR35MOD]の続きを読む
お久しぶりです。Emperor-Dです。

相変わらず忙しいですw

近況を報告しますと、とりあえず、明日材料力学のテストがあります^^;

次に今年度車両のイニシャルキャンバー角を算出してました。
トーは計算が難しいらしく私では出来ないので、
イニシャルトーは基本な理論を元に一般的な値で作成しました。

因みに最近、私は初めて車両関係の実験をしましたが、
内容は
『10インチホイールとタイヤに対して13インチホイールとタイヤではコンタクトパッチ(接地性)はどれくらい増えるのか?』というものをしました。(推奨空気圧で)
これにはいろいろ意味はありますが、簡単に実験結果のみを報告すると1インチタイヤ外径が大きくなると1輪あたりタイヤのコンタクトパッチは3%増加しました。ということは10と13インチだと9%変わるということです。
しかし、もちろんデメリットもあります。だから・・・ですが、これ以上は禁則事項ですwww

後、GTR2やrFで足回りのテストをして密かにデータを蓄えております。
GTR2とかで使用できるような、イニシャルキャンバー角算出用Excelなんかも作成してますが、
空力が関わる車両は難し過ぎて、なかなか上手く行きません。まぁ、ぼちぼちやっていきます。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。